私が初めて乗った車の話

私が初めて乗った三鷹車買い取りの話

私が免許を取ったのは18歳の頃なんですが、

その世代なら、早速新三鷹車買い取りを買ってブイブイ走り回らせたいのが普通です。

でも、うちの場合は父親が許しませんでした。

「新三鷹車買い取りなんぞは、もっと馴れてからでいい」と言われ、

父がそれまで乗っていたオンボロの軽自動三鷹車買い取りを名義変更して乗る羽目になってしまいました。

そりゃ、憤慨しましたよ。

自分は三鷹車買い取りを買っておいて、古い三鷹車買い取りを息子に押し付けたんですから。

実は父はその前から、新三鷹車買い取りが欲しいと言っていたのですが、母が許しませんでした。

そんな所へ、丁度私が免許を取った訳です。

父にとっては、良い言い訳ができたとばかりに、私がダシにされたんですよ。

本当に、大人ってズルいですよね。

その三鷹車買い取りと言うのが、その当時でも10年落ちの時代遅れにも程があると言うような代物。

同級生が最新のカッコいい三鷹車買い取りに乗っているというのに、情けないったらありませんでした。

それに、ボディは何箇所も塗装が剥げているわ、ヘコミもあるわ、

極めつけは助手席側の床が一部抜けていて、ダンボールを敷いて誤魔化しているという。

こんな三鷹車買い取りを押し付けるなんて、父には私に対する愛情が無いのかと(笑)。

まあ、それでも我慢して乗りましたけどね。

ボロボロと言うものの、よく走ったし、燃費も良かったので、日常で乗る分には何ら差し支えは無かったです。

特に燃費の面なんですが、当時、ガソリンが値上がりしてたんですよ。

大きい三鷹車買い取りを買ってしまって、ガソリン代の工面に汲々していた友人を横目に、私は余裕でしたね。

なにせ、新入社員でお金も無い時代でしたから。

結局、その三鷹車買い取りに2年程乗った後、三鷹車買い取りを買う許可が下りたんですが、その時に買ったのも軽でした。

その後、何度か買い替えたのですが、その時も同じくです。

あの三鷹車買い取りで、軽の魅力に取り付かれたとでも言いましょうか、もうそれ以外考えられないようになりましたね。

エコドライブと燃費について

地球環境の為という名目でエコドライブを心がけていますが、実際には高騰するばかりのガソリン代を少しでも浮かそうとして燃費が良くなるような運転をしています。

具体的にはアイドリングストップとあまりアクセルを吹かすような運転をしないということで実践していますが、それでもそれだけのことで燃費はずいぶん改善するものだと感心しています。私の愛三鷹車買い取りは軽自動三鷹車買い取りでありますが、今の三鷹車買い取りに標準的に装備されているような自動でアイドリングストップ機能はついていません。なのでアイドリングストップをするためにはそこそこの時間の信号待ちなどでエンジンを切ることになります。すでに10年くらいの年式落ちでもありますが、走行距離は4万キロを超えたところなので三鷹車買い取り体自体は少し痛んでいますが、エンジン類はまだまだ好調と言えるでしょう。

エコドライブを始める前には燃費は平均してガソリン1リッターで13キロくらいでありました。ほとんどが渋滞気味の都会での走行でありますので、良くもなく悪くもない燃費と言えます。それがエコドライブを実践してからは燃費は16キロくらいになりました。2割程度の燃費の向上でありますか、かなりのものと自負しています。年間平均4000キロ程度の走行ですから以前から比べると年間にガソリンが50リッターくらいの節約になったという計算になります。

都会の走行が多いですから1時間あたりにアイドリングストップを10回程度しますので、かなり面倒と言えるかもしれませんが、実際これだけの成果が出ればモチベーションは上がります。それだけでこれだけの燃費の向上は起こらないでしょうから、アイドリングストップ以上にアクセルを吹かすことは燃費に悪いということがわかります。

未来の三鷹車買い取りに会えるのはいつ?

子どもの頃観た漫画や映画では、未来ではすでに三鷹車買い取りは空を飛んでいるはずだった。そう信じていた。

そう信じていた未来が来た。時間の経過だけ。

例えば鉄腕アトムは21世紀、まさに現在の話なのだ。

現在が鉄腕アトムの世界なのか?と言えばその答えは容易だ。

まるでそのレベルには到達していない。背中も見えない程、追いつけていない。

確かに空飛ぶ三鷹車買い取りは、すでに海外の何社かで開発されている。

だが、我々が子どもの頃漫画や映画で観たそれとは、見た目も機能もかなり異なる。

まず、羽は折りたたみ式で不格好。

値段は日本円で1台何千万円もするので庶民ではとても購入できないし、量産しても需要がない。

しかも離着陸に、800メートルくらい滑走路が必要ときた。

これでは渋滞から抜け出すために飛ぶのも不可能だし、外国みたいに土地があるとこならともかく日本では難しいだろう。

さて、空を飛ぶのは飛行機に任せておくとして、近い将来の自動三鷹車買い取り会社の関心は

三鷹車買い取りを空に飛ばすことではなく、間違いなく自動運転を可能にすることだろう。

ここで言う自動運転とは、完全な自動運転を言う。

例えば今の時点でも衝突被害軽減ブレーキ、つまり危険が迫った時に自動でブレーキが動作する自動ブレーキは、広まりつつある。

しかしこれは感度の問題が続々と発生している。

搭載したレーダーやカメラが反射等の問題で誤動作し、しばしば事故が発生しているのだ。

だからメーカー各社は、未だにこの機能をユーザー自己責任の下に使用する運転の“アシスト”・・

つまり補助機能としか謳っていない。

メーカーがすべてを保障できる程の完成度ではないのだ。

だが、ここで立ち止まるメーカ―各社ではない。

メーカーの理想とする完全な自動運転とは、寝ていても三鷹車買い取りが勝手に自宅までひとりでに運転してくれる事。

自動三鷹車買い取り事故の起きない世界。

・・・果たしてそんな世界に、ユーザーは何年後にお目にかかることが出来るのだろうか?

ドラえもんは、22世紀の話だ。つまり2101年。

・・それくらいには何とかなるのだろうか?

貪欲なメーカー各社は、きっと一刻も早い夢の未来の実現を目指して、邁進しているはずだ。

ぜひ自分の生きている内に、子どもの頃に夢見た未来を見てみたいと思って、やまない。

東京 車売る
こちら-こちら


<<前のページへ   次のページへ>>